お知らせ





腎臓病の新しい検査!!!


暑くなると増える病気

熱中症

犬、猫は人のように汗をかく事が出来ないため、体温調節が苦手です。暑い所に長時間いると熱中症になる可能性があります!!呼吸が荒くなったり、

フラフラするなどの症状がおこり悪化すると死に至ることもあります。暑い部屋に長時間置いたり、暑い時間帯の散歩は控えましょう。そして新鮮な水をいつでも、飲めるようにしておく事も大事です!!

 

皮膚・外耳炎

暑さや高い湿気は菌やカビにとって繁殖するのに最適です。

皮膚や、耳にいる菌やカビが大量に増殖することで、炎症を起こしてしまい、強い痒みや痛みを伴います。自分で皮膚を引っ掻いて悪化させたり、慢性化して耳の穴が狭くなってしまったり、放っておくと神経の異常にも繋がる病気です。特に耳が垂れている子は蒸れやすいため注意が必要です!!

 

 

食中毒

暑くなるとごはんが傷みやすく、カビが生えやすくなってしまいます。傷んだ食事を食べると食中毒を起こす可能性があります。下痢や嘔吐などの消化器症状を起こし、脱水症状を起こす事もあります。暑い時期は食べ物を置きっぱなしにせず、残した物は片づけて、食中毒にならないように気を付けましょう